• 未分類 28.12.2014

    忙しい現代社会の中で生活しているなら、何のストレスなくいられる人はいないでしょう。

    仕事をもっている人はさまざまな圧力やストレスを経験します。

    最近はなかなかいないと思いますが、仕事を持っていない専業主婦であってもいろいろなことに気を廻しているのでだんだんとストレスがたまります。

    子供たちでさえも、友達関係や学校の成績のことや部活動のことなど、やはりストレスを抱えることが多いと思います。

     

    ストレスとは何か

    大きく分けて 2種類ありますが、それは外的ストレス内的ストレスです。

     

    外的ストレスというのは人間関係や社会的な要素で感じるストレスのことです。

    内的ストレスは、置かれた状況のために自ら感じるプレッシャーや納得のいかないことに対する怒りなど、内面的なものです。

    これらのいずれも脳の中で起こる作用によって感じるものです。

     

    リラックスと良質の睡眠で対処

    そのようなストレスを感じている脳を休ませるには、リラックスすることや質の良い睡眠をとることが必要です。

     

    少しでもストレスを減らすために、意識的に呼吸の仕方を工夫するのはいかがでしょうか。

    通常の呼吸は呼吸中枢のコントロールにより無意識のうちに行われています。

    それとは別に意識的に呼吸を変化させることができますが、リラックスするのに効果がある呼吸法があります。

    ストレスがたまっていたり緊張が続いたりしていると、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいます。

    浅い呼吸は酸素を十分に吸えませんし、二酸化炭素を十分に吐き出すことができません。当然ながら体にはよくありません。

     

    そこで、ゆっくりと長い時間をかけて息を出すことが効果があるとされています。

    ストレスのために頭がもやもやしている時は、意識的に腹筋を十分に使って息を吐きだしましょう。

    しっかりとお腹の中の空気を出すことによって、息を吐くことに意識を集中させることができるので、気分を変えることができます。

     

    質の良い睡眠をとることもストレスを軽減する助けになります。

    眠る前に心身をリラックスさせる時間をとるのが効果的だと言われています。

    そのためにまずできるのが、就寝の 2~3時間前までに食事を済ませておくということです。

    消化器官が働いている間は眠りを妨げられてしまうからです。

     

    寝る前の1時間ほどはなるべくリラックスできることをします。

    ある人はすでに読んだことがある本を読んだり、内容が分かっているビデオを見たりすると、すぐに眠りにつけてぐっすり眠れるそうです。

    そして床に入る直前には、深くゆっくり呼吸をして息を整えておきましょう。

     

    Posted by slibreh @ 5:00 PM

  • Comments are closed.