• 未分類 29.11.2014

    睡眠を必要としない人間はだれ一人いません。

    もちろん徹夜などで 1日や2日眠らないでいることはできます。

    しかしそのあとは必ずその埋め合せをしなければならないでしょう。

     

    毎日当たり前のように人間は眠るので、改めて睡眠とは何かを考えることはほとんどないと思います。

    ここでは改めてこの点について考えたいと思います。

     

    睡眠といわれるもの

    もし睡眠をとらなければ体の状態や健康に必ず影響が出ますし、集中力が必要な仕事を行うことはできなくなります。

    特に眠っているときの脳の動きは、日中活動しているときの状態と異なります。

     

    あなたの1日当たりの睡眠時間は何時間でしょうか。

    6時間から8時間ぐらいでしょうか。

    平均の睡眠時間を国際的に比較すると、日本は8時間弱なのですがアメリカでは8時間半以上、フランスにいたっては 9時間近くという統計があります。

    このように国によって睡眠にかける時間に大きな差があることがわかります。

     

    睡眠は脳が休息している状態だという考えがありましたがそれは間違いです。

    睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠で構成され、約90分のサイクルで交互に現れます。

    脳は日中の活動でフルに働きますが、とても忙しいので入ってきた情報を記憶したり整理したりする時間があまり取れません。

    一方、眠っているときは外からの情報はほとんど入ってこないので、この情報の整理を行なって記憶を定着させます。

    ですから眠っている時の脳は違った意味でかなりアクティブな状態だということがわかります。

     

    夢見る人

    眠っている時に関係するもう一つの要素が夢を見るということです。

    ノンレム睡眠でもレム睡眠でも夢を見てはいますが、主に眠りの浅いレム睡眠の時に多くの夢をいくつも見ています。

    健康な人が睡眠をするときには、覚えていてもいなくても夢は必ず見ています。

     

    先ほど書いたように脳は眠っている時に記憶の整理を行いますが、整理をするときに脳の視野をつかさどる所を通過するので、それが映像として認識されます。

    眠りから覚める前に見ていた夢は起きた時に覚えていますが、深い眠りから急激に目が覚めた時はこの段階を急速に通過するので夢を覚えていないこともあります。

     

    このように一回の睡眠で様々な作用が繰り広げられているのです。

     

    Posted by slibreh @ 5:00 PM

  • Comments are closed.